浅草 2011-2016
六区ブロードウェイ 日本人の肖像

portfolio

巷にはびこるまやかしの価値観は通用しない。この街には、日本人の抱えている本質的矛盾がいかなるものかの一端が見える。

Asakusa, apart from being a historic district of Tokyo, is one that reflects the inimitable character of Japan. This traditional downtown area holds the classic spirit of the nation, a place still removed from the modernity of the city. Here, in the entanglement of the narrow streets, the roots of the culture are embedded. The area provides a fascinating glimpse into the contradictory ethos of the people, combining the imagery of post-war nostalgia with the undisciplined rough edges of a township struggling to enter the present day. It certainly cannot be classified as beautiful yet here lies its charmming uniquely Japanese.

初沢克利 写真集『浅草 2011-2016 六区ブロードウェイ 日本人の肖像』520ページ
春風社  ¥7,000(+ 税)
2017年5月3日(月)発売(ご予約受付中)
amazonからのご購入はこちら >>

[ 写真家・初沢克利 ]

早稲田大学仏文科中退、東京写真専門学院卒業。
1972年に渡仏する。モンパルナスに居住しながらパリの写真を撮りはじめ日本、フランスの広告界で活動する。

パリのモンパルナスにあるカフェ「セレクト」で撮ったパリの人々の写真を現地にて個展を開催する。

1983年帰国する。
「モンパルナス・深夜の客」/ 富士フォトサロン、「パリ・美し都の四半世紀」/ 三越恵比寿店、その他などで個展を開催する。

写真集に『MONTPARNASSE-深夜の客』(シティ出版)、『パリ・美し都の四半世紀』(集英社)などがある。『フジ子・ヘミング 我が心のパリ』(阪急コミニュケーションズ)にて写真を担当。

portfolio
img000
img00


View more

img01


View more

img02


View more

img03


View more

img05


View more

img06


View more

img07


View more

img08


View more

img09


View more

img10


View more

img11


View more

img12


View more

img13


View more

img14


View more

img15


View more

img16


View more

img17


View more

img18


View more

img19


View more

Visit Website Top